ブログ ホームページ

ホームページの更新が確認出来ない時には、「キャッシュ」の削除を。

今回は「キャッシュ」のお話です。

ホームページを自分で更新した後に見てみると「あれ?変わってない」という経験はありませんか?

またはクライアントに完了の連絡をした後に「更新されてないよ!」と言われた事はありませんか?

更新したのに表示が変わらないのは、「キャッシュ」が原因です。
※その前に、念のためちゃんと更新したかを確認して下さいね。

キャッシュとは

普段インターネットを閲覧する際に、何を使用していますか?
例えばパソコンならInternet ExplorerやGoogle Chrome。
Microsoft edgeというものもあります。
iPhoneならsafariが多いでしょう。

これらの「インターネットを閲覧する為のアプリ」の事を「ブラウザ」と言います。
※英語で「閲覧する」を「ブラウズ(browse)」と言います。「ブラウザ」は「er」をつけて「browser」と書きます。「サーフ」と「サーファー」みたいな感じですね。

このブラウザ、便利な機能が幾つかあります。そのうちの1つが「キャッシュ」です。
どんな機能かと言うと、「一度閲覧したページをもう一度閲覧する時は、速度が速くなる」というものです。

普段よく見るwebサイトなどは、実はこの機能のおかげで閲覧時のストレスが減っていたりします。

キャッシュの仕組み

ではこのキャッシュ、どのようにして表示速度を上げているのでしょうか。
答えは、「1回目の閲覧時に画像などの重いデータをブラウザに保存しておいて、2回目以降は保存しておいた画像などを表示する」です。
読み込むが減る分、ページの表示速度が速くなるという訳ですね。

しかしこのキャッシュ、その方法ゆえに今回のタイトルのような事が起こります。
更新したのに、更新前の画像が表示されるという現象ですね。

キャッシュの保存は一時的なもので、そのうちに消えて更新したものが表示されます。
しかし、すぐに更新を確認したい場合には「キャッシュの削除(クリアとも言います)」が必要です。

キャッシュの削除、クリアの仕方

キャッシュの削除の仕方は2種類あります。

  1. スーパーリロード
  2. ブラウザの設定を操作して、キャッシュの削除を行う

簡単なのは1ですので、まずは1を試して下さい。
お使いのパソコンによって方法が異なります。

  • Windowsの場合:ctrl+F5
  • macの場合:⌘+R (Fire Foxとsafariは⌘+shift+R)

この方法でも更新が確認出来ない場合には、ブラウザの設定を操作してキャッシュを削除する必要があります。

なお、ブラウザ毎にキャッシュの削除の仕方は異なります。
次の項からはブラウザ毎の削除の仕方をご紹介します。

Internet Explorerのキャッシュの削除方法

まずはInternet Explorerです。
バージョン毎にUI(画面の表示など)が異なりますが、基本的には下記の手順で削除が可能です。

  1. Internet Explorerを開く
  2. 右上の歯車のマーク(設定)をクリックする
  3. 「インターネットオプション」をクリックする
  4. 「全般」のタブをクリックする
  5. 「閲覧の履歴」の部分にある、「削除(D)」をクリックする
  6. 「インターネット一時ファイル」のチェックボックスにチェックを入れる
  7. 右下の「削除」をクリックする

これでキャッシュの削除は完了です。

Google Chromeのキャッシュの削除方法

お次はGoogle Chromeです。
下記の手順で削除出来ます。

  1. Google Chromeを開く
  2. 右上の「点が3つ縦に並んだアイコン」をクリックする
  3. 「その他のツール」をクリックする
  4. 「閲覧履歴を消去」をクリックする
  5. 「次の期間のアイテムを削除」のプルダウンメニュー(下向きの▼)をクリックして、期間を選択する
  6. 「キャッシュされた画像とファイル」のチェックボックスにチェックを入れる
  7. 右下の「閲覧履歴データを削除する」をクリックする。

この手順でキャッシュの削除が出来ます。

Microsoft edgeのキャッシュの削除方法

Microsoft edgeのキャッシュの削除方法です。
下記の手順でキャッシュの削除が出来ます。

  1. Microsoft edgeを開く
  2. 右上の「・・・」(詳細)をクリックする
  3. 「設定」をクリックする
  4. 「閲覧データのクリア」の下にある「クリアするデータの選択」をクリックする
  5. 「キャッシュされたデータとファイル」のチェックボックスにチェックを入れる
  6. 「クリア」をクリックする

削除が完了すると、「クリア」ボタンの下に「すべてクリアされました」と表示されます。
この表示が確認出来ればOKです。

iPhoneのキャッシュの削除方法

最後にiPhoneのキャッシュの削除方法です。

  1. ホーム画面から「設定」を開く
  2. 下にスクロールしていき、「Safari」をタップする
  3. 下にスクロールしていき、「履歴とWebサイトデータを消去」をタップする
  4. 「履歴とデータを消去」をタップする

以上でキャッシュの削除は完了です。

終わりに

いかがでしょうか。
日常的にwebサイトを閲覧する現代人には、キャッシュはとても便利な機能です。
うまく使っていきましょう。

人気の記事

【2019年版】名刺を作成、印刷するならココ!おすすめ名刺印刷サービスランキング! 1

この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。 名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作る…?? 塗り足しや裁ち落としを考慮 ...

Canvaとの相性バツグン!PDF入稿で印刷が出来る印刷屋さん 2

Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

no image 3

この記事は約5分で読めます。 「ついつい買いたくなる」 「気になって何度も訪れたくなる」 そんなおしゃれなネットショップが簡単にできるツール「shopify(ショピファイ)」 ネットショップをこれから ...

-ブログ, ホームページ

Copyright© View Steal , 2019 All Rights Reserved.