MENU
人気記事TOP3
TOP 1
【2022年版】名刺を作成、印刷するならココ!おすすめ名刺印刷サービスランキング! この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作...
TOP 2
「インスタ始めました」ポップやバナーの作り方。おしゃれなテンプレートで「良いね」をGET!! この記事は約3分で読めます。 最近お店やホームページでよく見るようになった「インスタ始めました」ポップやバナー。 こんな感じのものを作ります 雑貨屋さんやネイル...
TOP 3
Canvaとの相性バツグン!PDF入稿で印刷が出来る印刷屋さん Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

「.psd」はフォトショップの拡張子。ソフトなしでもファイルを開く方法!

仕事などで目にすることがある「PSD」というデータ。

デザイナーやカメラマンの方などから納品してもらう場合に出てきて「これ何?」と困ることも。

Kesa

ちなみにデザインラフの確認といった場合には、JPGなどの画像で送り直してもらうのが一番早いです。

このPSDというファイルは、「フォトショップ(Photoshop)」というデザインソフトで使われる拡張子です。

フォトショップは有料のデザインソフトなので、ファイルを開くためだけに導入するのはなかなかハードルが高い。

Kesa

というか勿体ない笑

今回はフォトショップなしでファイルを開く方法をご紹介

Kesa

PSDが何なのか気になる方向けに、ざっくりとした解説もありますよ。

目次

PSDファイルの開き方

基本的にはフォトショップで開くのがオススメですが、持っていない場合には以下のどちらかの方法を取りましょう。

  1. 納品元(デザイナーさんなど)に「JPGなどに変換したファイル」を送ってもらう
  2. 自分で代替ツールやソフトを使って開く
Kesa

可能なら1の”納品元(デザイナーさんなど)に「JPGなどに変換したファイル」を送ってもらう”方法を取りましょう!

PSDはなるべくフォトショップで開いた方が良い理由

PSDファイルは少し特殊で、他のツールとの互換性が低い拡張子。
代替ツールはいくつか存在していますが、中の情報が完全に再現できないことも。
そのため「作成デザインの確認」などの場合には、送り元に「画像化したファイル」を送ってもらうように頼みましょう。

PSDファイルを開くことができる代替ツール

  1. アカウントがあって中身を見るだけなら「Googleドライブ」
  2. 一時的に開きたいだけならオンラインで利用できる「Photopea」
  3. ダウンロードして使うなら日本製の「Fire Alpaca」

がオススメです。

中身を見るだけなら「Googleドライブ」

  • Googleのアカウントがあって
  • 中身を見たいだけ

なら、Googleドライブにファイルを保存するのが一番手軽な方法です。

Kesa

アップロードするだけで中身の確認ができます。

オンラインで利用できる「Photopea」

https://www.photopea.com/

「Photopea」はオンラインで使用できるツールです。

画像の編集ができるツールなので、PSDデータの閲覧はもちろん編集も可能

  • PCにインストール不要
  • 会員登録不要
  • 無料利用可能
  • 日本語にも対応

でサクッとPSDファイルを開くことができます。

Kesa

PCだけでなく、スマホやタブレットでも利用できます。

手軽に無料で利用できるありがたいツールですが、データの保存は端末のみ

作業中に電源が切れたり、ブラウザを閉じてしまうと作業中のデータは保存されていませんのでご注意ください。

Kesa

こまめにファイル保存をしておくと良いでしょう!

日本製で使いやすい「FireAlpaca」

FireAlpaca

日本の企業が開発している無料の画像編集ソフト「FireAlpaca」

漫画っぽい見た目のアルパカの絵が特徴的で、そのイメージ通り漫画家やイラストレーターの方たちに広く支持されているソフトです。

どちらかと言うと写真の編集向けのソフトではないですが、

  • PSDファイルを開く
  • 閲覧や(一部)編集を行う
  • 他のファイル形式への変換

といった作業が可能です。

なお、「FireAlpaca」を使ってPSDファイルを読み込み、PSDで保存すると、文字が消えるなどの事象が確認されています。

編集用にファイルを保存する場合にはPSDではなく、「FireAlpaca」用の拡張子である「MDP」で保存しましょう。

Kesa

「FireAlpaca」はWindows、Macどちらにも対応しています!

PSDファイルとは?「フォトショップ」というソフトの拡張子!

PSDは「Photoshop Data」の略語。

その名の通り「フォトショップ」という超有名なグラフィックソフトのデータファイルです。

写真などの編集や調整、絵を描いたりすることもできる超優秀なソフトで、一昔前はいわゆるデザイナーやフォトグラファーといった職種の人は基本的にみんな持っていました。

最近は「Affinity Photo」といった買い切り型のソフトにも人気が集まっており、サブスクタイプのPhotoshopとは人気が二分されている印象です。

私も以前は使用していましたが、今は「Affinity Photo」をメインに使用しています。

Kesa

安いので笑

PSDのファイルの特徴

PSDファイルの特徴は、大きく3つ。

  1. レイヤーやパスといった多くの編集情報を保存できる
  2. 印刷情報や著作権情報といった情報も入れられる
  3. 可逆圧縮方式でデータが軽い
Kesa

基本的には制作サイド(デザイナーやフォトグラファーなど)で使うファイル、としてイメージしてもらえればOKです。

最終的にホームページやSNSで使用する場合には、いわゆる画像ファイル(JPGやPNGなど)に変換して使用します。

まとめ:「.psd」はフォトショップの拡張子。ソフトなしでもファイルを開く方法はあります

「.psd」はフォトショップ(Photoshop)というソフトの拡張子です。

基本的にはフォトショップで開くのが理想ですが、有料なので「ちょっと中身を確認したい」場合には代替ツールを使用して開きましょう。

  • アカウントがあって中身を見るだけなら「Googleドライブ」
  • 一時的に開きたいだけならオンラインで利用できる「Photopea」
  • ダウンロードして使うなら日本製の「Fire Alpaca」

がオススメです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる