MENU
人気記事TOP3
TOP 1
【2021年版】名刺を作成、印刷するならココ!おすすめ名刺印刷サービスランキング! この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作...
TOP 2
「インスタ始めました」ポップやバナーの作り方。おしゃれなテンプレートで「良いね」をGET!! この記事は約3分で読めます。 最近お店やホームページでよく見るようになった「インスタ始めました」ポップやバナー。 こんな感じのものを作ります 雑貨屋さんやネイル...
TOP 3
Canvaとの相性バツグン!PDF入稿で印刷が出来る印刷屋さん Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

【Canva】コンビニ印刷の方法と知らないと損するポイント

この記事は約3分で読めます。

Canvaで作ったチラシなどのデータは、もちろんコンビニでも印刷できます。
1枚10円から手軽にできるコンビニ印刷ですが、実は枚数によっては損をしてしまうことも…。

印刷する条件を考えてベストな方法で印刷しましょう。

今回はコンビニ印刷のメリットと方法、「こんな時はコンビニだと損してしまうかも」という内容です。

目次

Canvaのデータをコンビニで印刷する時は、「枚数」と「どれくらい急いでいるか」を考える

まずは、コンビニ印刷のメリットと「こんな時はコンビニだと損してしまうかも」というお話です。

コンビニ印刷のメリットは「手軽」で「すぐ印刷できること」です。

Keen

コンビニはどこにでもありますし、数分で印刷できて便利ですよね!

業者に頼むとそうはいきません。

ここまでは単なるメリットなのですが、注意した方が良いのは「印刷する枚数」です。
例えば、チラシを印刷する時にあなたなら何枚印刷しますか?

意外と見落としがちなコンビニ印刷のもうひとつのメリットは「少ない枚数から印刷ができる」という事です。
逆に言うと、「枚数が多くなると高くつく(損してしまう)」という事です。

では何枚からが高くつくのでしょうか?

A4だと、34枚以上カラー印刷する場合にはコンビニの方が高くなります

Keen

最近は業者さんにお願いしても安く印刷できますからね〜。
紙の質も段違いですし。

まとめるとこうなります。

  • 今すぐに印刷したい!:コンビニ
  • カラーで32枚以下の少ない枚数が欲しい!:コンビニ
  • カラーで33枚以上欲しい!:業者さん(ビスタプリント など、PDF入稿が出来る業者)

ちなみに印刷業者に依頼する時には、「PDFデータ」で依頼できる業者にしましょう。
※多くの業者は「ai」データでの依頼が必要ですが、Canvaの印刷用データはPDFファイルのみのため

依頼する時の方法や、Canvaデータの印刷をする時にオススメの業者については、こちらの記事でまとめてあります。

Keen

コンビニだと高くついてしまう場合には参考にしてみてください。

次に、コンビニでの印刷方法のご案内です。

はじめに:Canvaで印刷用データをダウンロードする

印刷用のデータは印刷したいデザインの編集画面から簡単に行えます。

画面の右上の「ダウンロード」ボタンを押して、「PDF(印刷)(推奨)」を選択しましょう。

あとは黄緑色の「ダウンロード」を押せばダウンロードが始まります。

PDF(印刷)データはキレイなの?
Canvaでダウンロードできる印刷用PDFは「300dpi」と呼ばれる解像度のものです。
この数字が300を超えると高精細と呼ばれ、印刷用データは300dpi以上あれば十分です。
結論:Canvaの印刷用PDFデータは十分印刷に耐えうるキレイさです。

ダウンロードをする前に、デザインを確認しましょう。特に文字。

誤字や脱字、表記ゆれなど、印刷後に気づくととても悲しい気持ちになります。

Keen

ご注意ください。

Canvaで作ったものをコンビニで印刷する方法

前述のとおり、とにかく急いでいる!少ない枚数だけ欲しい!という時にオススメです。

コンビニで印刷する時には、PDF印刷に対応したマルチコピー機が設置してあるコンビニにしましょう。

Keen

雑誌コーナーとかATMの近くに置いてある事が多いあれです。

まずは「マルチコピー機」が設置してあるコンビニを選ぼう

※店舗によっては設置していない場合があります。

  • セブンイレブン
  • サークルKサンクス
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • セイコーマート

買い物などで立ち寄ったついでに確認しておくと良いでしょう

Canvaのデータをコンビニで印刷する方法

方法は大きく2つあります。

  1. USBメモリなどでデータを運ぶ
  2. ネットプリントを利用する

(1)USBメモリなどでデータを運ぶ

canvaで印刷用に作成したPDFデータをUSBメモリやSDカードなどのデバイスに保存し、店頭のマルチコピー機で読み込んで印刷する方法です。

印刷後のデバイス忘れ、お釣りの取り忘れには注意しましょう。

Keen

小銭がなくて500円を入れた時は、特に忘れやすいので要注意です!

(2)ネットプリントを利用する

インターネットで各コンビニのネットプリントサービスにアクセスし、印刷したいデータをアップロード。

その後コンビニに行き、マルチコピー機で印刷する方法です。

操作方法が分からない場合マルチコピー機の操作方法が分からない場合は店員さんに聞いてみましょう。
恥ずかしがる必要はありません。

最近のマルチコピー機は出来る事が多くて迷いやすいので、店員さんも教え慣れています。

まとめ:コンビニで印刷する場合には、枚数に注意!!

Canvaの登場で、デザインはより身近なものになりました。

身近というくくりでは、コンビニも同じです。

枚数によってはコンビニでの印刷は高くつきます

  • 今すぐに印刷したい!:コンビニ
  • カラーで32枚以下の少ない枚数が欲しい!:コンビニ
  • カラーで33枚以上欲しい!:業者さん(ビスタプリント など、PDF入稿が出来る業者)

もちろん専門の印刷業者の方が、紙の質感や色のノリは圧倒的にキレイです。

そのため、お客様に配布するチラシなどの場合には、はじめから専門業者に依頼するのがオススメ。

Keen

Canvaもコンビニもうまく使って、快適なデザインライフを!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる