デザインをもっとカジュアルに

View Steal

デザインのコツ

色相、明度、彩度って何? 〜色にまつわる基本の用語〜

今回はタイトル通り、色にまつわる用語の解説をしていきます。
特に用語を知らなくても感覚で理解していたりすれば問題はない、という認識は少しもったいないです。

用語には「共通の認識」があります。
つまり、「用語を知っている人には相違なく伝わる」という事になります。

ご存知のとおり、デザインを言葉にするには抽象的で不便な部分が多々あります。
(「とりあえずオシャレにしてみて!」なんて言われても困りますよね)

用語を覚えておくことで、デザイナーの頭の中のイメージを具現化する事が容易になります。
例えば、調整の際に指示を受けたり、逆に指示を出す際にスムーズになります。
(この部分は彩度上げて強調させて〜、など)

また、パターンを変えたデザインをいくつかプレゼンする時にも役立ちます。
(ご提示頂いたカラーをベースにいくつか作成を行いました。A案はベースカラーの明度を上げたものをサブカラーとして使用したもので、御社の打ち出したい「クリーン」なイメージをより強く〜などなど)

とは言え色の話は奥が深く、難しい表現なども多くコンパクトにまとめる事が出来ません。

この記事ではまず基本となる「色の三属性」というものを、出来るだけ簡単に解説していきます。
少しずつ覚えていきましょう。

色の三属性とは

いきなり知らない単語かもしれません。
色には3つの属性があります、というお話です。

3つの属性とは、

  1. 色相
  2. 明度
  3. 彩度

です。

それぞれ解説させて頂きます。

色相とは何のことか

これは色の状態の事を堅めに表現した用語です。
「色」の「相」です。
簡単に言うと、赤や青、緑や黄といった状態の事です。
(例えるなら「人」の「相」いわゆる「顔」が「人相」という感じでしょうか。)

色相=色と思ってもらえれば大丈夫です。

ちなみに色相(色)を並べて、個々の位置づけなどを分かりやすく円(環)にして表したものを「色相環」と呼びます。
きっと一度は見た事があるはず。

明度とは何か ー明度を高くする、低くするとどうなるのかー

これは分かりやすいと思います。
色の「明るさ」の度合いですね。

  • 明度を高くする=明るくする、白っぽくする
  • 明度を低くする=暗くする、黒っぽくする

となります。

個人的には「明るく」で良いとは思いますが、写真編集ソフトなどは「明度」と表記されたりしていますので、覚えておくと迷わずにすみます。

彩度とは何か ー彩度を上げる、下げるとどうなるのかー

彩度とは「鮮やかさ」の度合いです。
(「鮮」という漢字を使うなら「鮮度」でも...と思いましたが、それだと「新鮮さ」が真っ先に浮かびますね。)
「彩」には「つや」という意味もありますし、「彩る(いろどる)」とも読みます。
おそらくこちらのイメージで理解すると良いと思います。

  • 彩度を上げる、高くする=鮮やかにする、色味をはっきりとさせる、ビビッド(vivid)にする
  • 彩度を下げる、低くする=鮮やかさを下げる、くすませる、色味をなくす(落ち着かせる)

と覚えておいてください。

終わりに

今回は「色相」「明度」「彩度」の3つの用語について簡単に解説いたしました。
まずはこの3つを個々に覚える事で、複合したものなどの理解も深まると思います。
その他にも「トーン」や「補色」など、色々な用語があります。
そちらについての記事もまた投稿します。

※2017/07/30 トーンについて記事を投稿しました。

人気の記事

1

この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。 名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作る…?? 塗り足しや裁ち落としを考慮 ...

no image 2

チラシを使って、お店やサービスの認知度を上げたり、売上アップにつなげたい! でも… チラシってどう作れば良いの? 自分でチラシを作ってみたけど、なんか上手くいかない....。 どんな情報を載せたら良い ...

3

Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

-デザインのコツ

Copyright© View Steal , 2019 All Rights Reserved.