デザインをもっとカジュアルに

View Steal

ネットショップ

おしゃれなネットショップを開くなら「shopify」!個人でもお店ができる今ドキなツール

この記事は約5分で読めます。

  • 「ついつい買いたくなる」
  • 「気になって何度も訪れたくなる」

そんなおしゃれなネットショップが簡単にできるツール「shopify(ショピファイ)」

ネットショップをこれから始めたい、どんなツールを使ってみようかと迷っている方向けに、「shopify」を簡単に説明します。

「shopify」とは?ネットショップ開業に特化したサービス!

聞きなれない名前ですが、世界で80万店舗以上に使われている超メジャーなプラットフォームです。

ネットショップ開業に特化したサービス「shopify」

shopifyの特徴

  • ネットショップに必要な機能が揃ったオールインワンプラットフォーム
  • 「ネット上」での店舗運営に必要なサービスが月3,000円から利用出来る
  • ネットショップだけでなく、SNSや名刺、チラシなどに使えるロゴも無料でサクッと作れる
  • 誰でも簡単にネットショップを持てる今ドキな便利ツール
  • 「現在」だけでなくコレからの時代にもフィットしていける設計
  • 越境EC(海外向けのネットショップ)など、世界展開も可能な機能やノウハウが充実している

ネットショップには「これさえあれば他には何も要らない」というくらい機能が揃った「shopify」

さすがは世界で80万店舗以上に使われ、磨かれてきたサービスという印象です

世界規模で使われているサービスなので、日本国内向けのネットショップ作成はもちろん、国外向けの多言語対応のネットショップや、外貨にも対応できます。

「shopify」で作れるのは、こんなおしゃれなネットショップサイト!

誰もが知っているあのネットショップも、実は「shopify」で作られている。

70種類以上のプロフェッショナルな無料のテーマから選択できます。

色、画像、フォントなども手軽にカスタマイズできます。

デザインの知識や、難しいツールを操作するスキルは不要です。

おしゃれなネットショップ一例

他にもおしゃれなネットショップ事例がたくさんありますが、この記事では載せきれません。

公式サイトでチェックしてみてください。

公式サイト【Shopify】

Google推奨の「レスポンシブデザイン」で、PC、スマホ、タブレットにもバッチリ対応!

「shopify」で作れるネットショップは、Google推奨の「レスポンシブデザイン」で、PC、スマホ、タブレットにも対応している。

最近のホームページは「レスポンシブデザイン」と呼ばれるものが主流になっています。

これはPC、スマホ、タブレットなど、端末の液晶サイズによってレイアウトが自動で組み代わり、最適な表示が出来るものです。

従来のホームページの用に、PC用ページとスマホページを別々に編集といった手間がなくなります。

さらに、アクセスも分散しない為SEO的にも効果があると言われています。

検索エンジン大手のGoogleが推奨しているのもこの「レスポンシブデザイン」です。

ちなみに「Yahoo!」なども根幹のアルゴリズム(順位を決定するもの)はGoogleのモノを使っています。

ビジネスに必要なロゴもサクッと作成できる!

ネットショップビジネスに必要なロゴも簡単に作成できる。

ネットショップで必要なのがロゴ。

インターネット上のお店とはいえ、ビジネスとして運営していく以上は用意しておきましょう。

Shopifyでは、「hatchful」というツールを提供しています。

難しい操作や知識は全く使わず「ビジネス業界」「デザインのスタイル」などを選択し、あなたのブランド名を入力するだけ。

shopifyのロゴ作成は選択式でとても簡単。

最後にネットショップ名とスローガンを入れたら完成。

サクッと無料でおしゃれなロゴが作れます。

しかもこのロゴ、SNSでのアイコンや名刺、チラシなどにも使えます

費用が気になるスタート時に、コレはかなり嬉しいサービスですね。

たくさんのロゴ案が表示される。あとは気に入ったモノを選ぶだけ。

数えたら全部で105種類(!?)ものロゴ案が提示されました。

プロのロゴデザイナーに頼んだ場合、ラフ案は多くて3つが相場です。

しかもこのロゴ案、色やフォントなども簡単に変更できます。

選んだロゴ案を調整することも可能。しかも簡単。

おしゃれなフリー画像でネットショップをワンランク上のデザインに

ネットショップをワンランク上のデザインにするための、おしゃれなフリー画像でも用意されている。

ネットショップを彩る写真は、お店を訪れた人の印象に大きく影響します。

爽やかな空、安らぐ木漏れ日などなど。
季節によって写真を変え、季節感を出すのも効果的です。

とはいえ、これらのイメージ画像を揃えるのはなかなか大変。

プロに撮ってもらうと高額ですし、素材販売サイトでも購入費用がかかります。

shopifyでは、プロ仕様のおしゃれなフリー画像が用意されています。

ネットショップのジャンルに合わせた多様なフリー画像。

もちろん商品などの写真は自分で用意しなければなりませんが、逆に言えば商品の写真のみで大丈夫。

他にもネットショップの運営に必要な機能が盛りだくさん!

商品レポートで売れ筋をチェック

ショップを運営する際に、「売れない商品」「売れる商品」の見極めは重要ですが、実際に行うのはなかなか大変です。

そんな時に役立つのが「商品レポート」

売上や売れ筋などのデータが可視化され、運営していく際の指針として活躍してくれます。

扱っている商品は、どれも大切なものですが、データで客観的に判断する事で「ニーズ」を把握できます。

ギフトカードの発行

オリジナルのギフトカードを発行する事が出来ます。

コレはなかなか無い機能。

楽天などのポイントと違い、ギフトカードでの購入は「使われ損」になりません。

また、イベントやリピーター向けのプレゼント企画などとも自由に絡める事が出来るため、ファン作りやブランディングにとても有効です。

こういった企画はTwitterなどのSNSとも連動させやすいですね!

カゴ落ち対策

ネットショップあるあるのひとつが「カゴ落ち」です。

カート(カゴ)に入れはしたものの、購入時の手間や別の用事で決済まで至らず、そのままになってしまう(落ちる)事を指します。

shopifyでは対策として、放置されたカートへのリンクを記載したメールを見込み客に自動で送信します。

とはいえこの機能で100%解決出来るモノではありません。

後述の「決済方法の多さ」とも関連しますが、「決済完了までの手間をいかに減らせるか」も合わせて対策すると良いでしょう。

ネットショップでコアになる「決済機能」支払い方法も豊富!

ネットショップでコアになる「決済機能」。shopifyなら支払い方法も豊富に用意されている。

ネットショップを運営する際に避けては通れないのが「決済機能」

いわゆる「ショッピングカート」ですね。

販売系のサービスでは、ココの導入が最初のハードルになりがちです。

また、購入者が利用できない決済方法だと、結局Amazonや楽天といったサービスに流れてしまいます。

売上を上げるためには重要な「コア」になる部分です。

妥協しないようにしましょう。

Shopifyは27種類(日本向け。海外向けならもっと沢山)の支払い方法が可能です。

中でも嬉しいのが「キャリア決済」

スマホ料金と一緒に請求される方法で、クレジットカードを持っていない方や、いちいち支払い方法を登録するのが面倒な方向けによく使われます。

購入者にとってのキャリア決済のメリット

  • クレジットカードと違い、決済までの手間が少ない
  • スマホ代と一緒の請求なので、シンプルでわかりやすい
  • 未成年でも使用できる

もちろんPayPalなどのメジャーな決済会社や銀行振込、代引きなども用意されています。

購入する人の選択肢が増えることは、購入される率が上がる事と同義です。

GoCoinやBitPayなどの仮想通貨も対応しています。

気になるセキュリティも、銀行レベルで安心

ネットショップの決済で気になるセキュリティも、銀行レベルで安心できる。

ネットショップで心配なのがセキュリティ。

クレジットカード情報など、お金が絡むシステムでは重要な個人情報が使用されるため、きちんとした管理が必要となります。

ネットショップに特化したShopifyでは、当然SSL証明書が使用できます。

しかもコレ、銀行で採用されているものと同じレベルのもの(256ビットSSL証明)です。

また、VISA・MasterCard・JCB・American Express・Discoverの5大クレジットカード会社によって定められた国際標準基準のPCIレベル1に準拠しています。

24時間のサポート体制で、不安を解消できる

運営時のトラブルは、大きく分けて2つあります。

  1. 操作やエラーなど、システム部分のトラブル
  2. サーバーなどの大元のトラブル

shopifyのサポートチームは24時間365日稼働しているので、運営時で困った時にはすぐに頼れます。

また、大元のサーバーなどのシステムも24時間モニタリングされており、トラブルを未然に防いでくれています。

サーバーダウン=ネットショップが見れない、という状態は売上が落ちる重大な問題を引き起こすだけではなく、信用にもつながります。

「よく落ちる(見れない)ネットショップ」なんて使いたくないですよね。

スマホと連携して、いつでもどこでも商品管理が出来る!

ネットショップ運営がいつでもできるよう、スマホアプリも用意されている。

スマホ連携は、現代のネットショップ運営に必須の機能です。

shopifyではブラウザでの連携はもちろん、アプリもしっかり用意されています。

アプリはスマホ向けに作られていますので、ブラウザよりも見やすく操作も快適。

いつでもどこでも管理が出来るツールが初めから用意されているのはとても便利です。

「shopify」なら、これからのネットショップに必要な機能も使える!

「shopify」なら、これからのネットショップに必要な機能も使える。

ここ数年で個人運営のネットショップはかなり増えました。

これは、子供の頃に「お店屋さんになりたい」と思っていた方や、「実店舗はコストがかかる」と手を出しづらかった方にとって「始めやすい環境」が整ったからに他ありません。

実際、経済産業省の報告書でも以下の通りになっています。

経済産業省のネットショップの増加推移。

経済産業省:日本の BtoC-EC 市場規模の推移(単位:億円)

とはいえまだまだ発展途上にあるネットショップ業界。

一昔前まで誰もスマホの爆発的な普及を予知できなかったように、これからも環境や基準が変わる事も大いに予想されます

 

多種多様なアプリで、時代の変化に対応!

多種多様なネットショップ向けのアプリで、時代の変化に対応できる。

誰も読めない未来にも対応していけるように、shopifyには「機能を追加できる」仕組みが備わっています。

時代や目的に合わせて必要な機能を追加していけるというのは、不安要素を減らしてくれるばかりが、自分のショップを時代に合わせて運営し続けられるという大きなメリットがあります。

カテゴリや目的に応じたネットショップ向けアプリがたくさん用意されている。

まとめ

おしゃれで今ドキなネットショップを持てる「shopify」

新しいサービスのため、知名度はまだ高くありませんが今後のネットショップ業界ではその地位を確固たるものにしていくでしょう。

ネットショップを持ちたい、どこのサービスを利用するか迷っている方向けの無料体験も提供されています。

公式サイト【Shopify】

登録はメールアドレスのみの簡単登録です。
クレジットカードの情報などは不要なので、気軽に体験できます。

まずは2週間、試してみるといいでしょう。

※この記事は2019年8月に執筆されたものです。現時点では一部日本語非対応の部分がございます。

人気の記事

【2019年版】名刺を作成、印刷するならココ!おすすめ名刺印刷サービスランキング! 1

この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。 名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作る…?? 塗り足しや裁ち落としを考慮 ...

Canvaとの相性バツグン!PDF入稿で印刷が出来る印刷屋さん 2

Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

no image 3

この記事は約5分で読めます。 「ついつい買いたくなる」 「気になって何度も訪れたくなる」 そんなおしゃれなネットショップが簡単にできるツール「shopify(ショピファイ)」 ネットショップをこれから ...

-ネットショップ

Copyright© View Steal , 2019 All Rights Reserved.