Webデザイナーになりたい人へ

Webデザイナーとして働くならポートフォリオは必須!作り方をご紹介。

ポートフォリオ(作品集)がある事で、書類選考や面接の時に役立つ事が多々あります。

ポートフォリオがあって役立つこと

  • 言葉だけでは難しい、あなたの持っているスキルを簡単に伝える事ができる
  • 未経験の場合は特に教育を前提としているため、あなたの得意な事や苦手な事を把握してもらいやすくなる
    (会社側が、入社後のイメージがしやすくなる)
  • Webデザイナーになりたいという熱意を伝える事ができる
  • 将来的に転職や独立をする際にも、スキル証明として役立つ

などなど…。
作るのもそれほど難しくありません。

大変ではありますが笑

最近では安価で手軽なサーバーだったり、色々なツールがたくさんありますので、上手く利用しましょう。

そもそもポートフォリオって?Webデザイナーのポートフォリオとは

この記事の初めにあったように、ポートフォリオとはいわゆる「作品集」です。

ざっくり言うと「私はこんなWebサイトを作りましたよ〜」という事をまとめて見やすくしたものですね。

自分がどんなサイトに携わってきたか、何が出来るか、どのように貢献できるかといった事を伝える為に使います。

人によってはロゴやバナーも載せます。
イラストが描ける人はそれを載せるのも良いでしょう。

このポートフォリオがある事で、履歴書や職務経歴書の文字だけでは分かりにくい、雰囲気や得意な事を伝える事ができます。

webデザインの参考に!webサイト集・ポートフォリオ29選!【2018年版】

webサイトのデザインを学ぶ際にとても参考になる、webサイト集、まとめサイト、ポートフォリオを一挙にご紹介します。 たくさんのwebサイトのデザインを見ることで、いいデザインが学べたり、アイデアが生 ...

WebデザイナーのポートフォリオはWeb媒体が良いの?それとも紙?

これはよく耳にする疑問ですが、面接を受ける会社によってどちらのパターンもあり得ます。

私も過去に同じ質問をした事があります。

その時に相談に乗ってくれた転職アドバイザーの方の言葉を借りるなら、下記のようなパターンがあるそうです。

  • A社は担当者がそれぞれWebで見て、合否や面接時の質問などをまとめる
  • B社は紙に印刷して複数人で共有し、会議に持ち寄って合否などを検討する

もちろん上記以外にもあるとは思いますが、いずれにせよWebと紙、両方を意識すると良いでしょう。

私の場合はWeb媒体で作り、印刷時にレイアウトが崩れないように調整しました。

紙での印刷用にPDFを別で用意しておくと、「丁寧でキチンとしている」印象を与えられ、もっと良いかもしれません。

Webデザイナー向けのポートフォリオが簡単に作れるサービス

ポートフォリオを作る際には、サーバーの契約やドメインの取得などの手順が必要です。
転職や就職などで使用する限りでは、ポートフォリオ作成用のWebサービスを利用するのがおすすめです。

将来独立したい!と考えている場合には、自分の名前でドメインを取得して作成するのが良いですよ!

Portfoliobox

 

おしゃれでクリエイティブなUIがWebデザイナーにぴったりなサービスです。
作成するときも想像力をくすぐられます。

また、レスポンシブデザインを採用しているため、PCはもちろんスマホやタブレットでの閲覧時も最適化されます。

利用するにはアカウント登録が必要です。
アカウントは「無料アカウント」と「有料(6.9USD/月)」の2種類があります。

無料で十分使えます!

Webデザイナーがポートフォリオを作る時に気をつけたいこと

ただ作成事例を並べるだけでは良いポートフォリオとは言えません。

それぞれの作成事例に、下記の内容も加えましょう。

  1. サイト名
  2. サイトのキャプチャ画像
  3. (載せられるなら)サイトのURL
  4. コンセプト
  5. 担当業務
  6. 制作期間
  7. (分かるなら)月間のPV数
  8. 工夫した点や、解決した問題点などのコメント

これらの情報を加える事で、ぐっと説得力のあるポートフォリオに仕上がります。

ポートフォリオに記載する担当業務の項目一例

担当業務は下記のようなものがあります!

企画、市場調査、コンセプト設計、デザイン、コーディング、更新、運営など

Webデザイナーとして働くなら、スキルや経験をポートフォリオにも活かそう!

Webデザイナーという仕事は、実は定義が曖昧です。
会社やチームの構成によって、担当する部分が大きく違ってきます。

Webサイトの企画から作成、更新までを全部行う場合や、デザインのみ、コーディングのみ、などなど

また、ECサイトを作る会社なのか、あるジャンルに特化したサイトを作る会社なのか、といったように、所属する会社の市場戦略によっても左右されてきます。

そのため、持っているスキルや経験は人によってかなり違ってきます。

これをあなたの強みとして、ポートフォリオを作ってみて下さい。

経験を活かしたポートフォリオの参考例

色々やジャンル(ファッションやコーポレートサイト、飲食店など)の作成経験があるなら…
ジャンルやイメージごとに掲載して、幅の広さをアピールしましょう。

1つのジャンルに特化している(例:飲食店サイト専門)なら…
サイトの雰囲気や時系列で整理して、表現の多彩さや店舗(案件)にマッチした提案力をアピールしましょう

1つや2つなど「作成事例が少し数が少ないな...」という場合は…
サイトのキャプチャ画像をポイント毎にいくつか用意して、こだわった部分や工夫した点などを丁寧にアピールしましょう

盛りすぎはNGですが、しっかりと作り込まれたポートフォリオはそれだけで「丁寧な人だな」「細かいところまで気づける人だな」などといった、プラスの印象を与えられます。

Webデザイナーとして働くなら、今日からポートフォリオを作りましょう

今回はWebデザイナーにとって必須となるポートフォリオについて、作り方などを含めてご紹介しました。

私自身がポートフォリオを作り出したのは、1度目の転職の時です。

キャリアアップの為に「転職しよう!」と思ったわけです。

そんな時にポートフォリオの存在を知り、すぐに作りました。

全てポートフォリオのおかげ、という訳ではないですが、無事希望の会社へ入社し、今があります。

ぜひポートフォリオを作って、あなた自身のスキルの証明や自己紹介ツールとして役立ててください。

人気の記事

【2019年版】名刺を作成、印刷するならココ!おすすめ名刺印刷サービスランキング! 1

この記事は約3分で読めます。 ビジネスやオフ会などで必要な名刺。 名刺を作る時に手間なのがデザインや入稿データの作成です。 イラストレーターで入稿用のaiデータを作る…?? 塗り足しや裁ち落としを考慮 ...

Canvaとの相性バツグン!PDF入稿で印刷が出来る印刷屋さん 2

Canvaで作ったデザインを印刷する際のオススメの印刷屋さんの紹介と、入稿方法の説明です。

no image 3

この記事は約5分で読めます。 「ついつい買いたくなる」 「気になって何度も訪れたくなる」 そんなおしゃれなネットショップが簡単にできるツール「shopify(ショピファイ)」 ネットショップをこれから ...

-Webデザイナーになりたい人へ

Copyright© View Steal , 2019 All Rights Reserved.